2009年11月に、引っ越しました!
新しい番組情報は、↓↓コチラ↓↓のアドレスをご覧下さい

http://kyoto-hitomachi2.seesaa.net/


2004年02月28日

04年2月28日放送 日吉ヶ丘高校でまちづくり

▼▼今月のテーマは「教育〜子どもたちに引き継ぐ京都の未来」▼▼

■日吉ヶ丘高校でまちづくりの出前授業
ゲスト:京都市立日吉ヶ丘高校 家庭科教諭 堀 木実さん 

 家庭科教材では、食や被服の分野はセミナーの案内なども含め、多くの情報が得られるのですが、住居分野は情報窓口もわかりませんでした。いろんな経験をして、自分たち自身の言葉で授業を進めたかったのです。そこで知り合いを通じて、建築士会によるまちづくりの出前授業を依頼することになりました。

 「建物のいのち」というテーマで、ワークショップ形式の授業です。「建物50年派か10年派か」で討論を行いました。当日は、他教科の教員や校長先生も見学し、以後の取り組みも後押ししてもらいました。それ以降、約7年間、まちづくり委員会と一緒に年に1、2回程、まちづくりについての協同授業を行ってきています。


◇集まって住むかたち
担当:山本晶三

 京都の洛西ニュータウンのユーコートは、48組の家族が集まって、土地を手に入れて、それぞれの部屋の配置を決め、みんなの中庭をつくった、コーポラティブハウス。約20年前にできました。共同で食事を作ったりする、コレクティブハウジング。高齢者が介護者と一緒に暮らすグループホームや、大きな住まいの部屋を分かち合うシェアードハウスというのもあります。
 昔はどこにでもあった近隣とのつきあいが、新しい集まって住むかたちの中でできてくれば、地域にも広がって、もう少し暮らしやすいまちができあがるのでは。


posted by 京都府建築士会 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。