2009年11月に、引っ越しました!
新しい番組情報は、↓↓コチラ↓↓のアドレスをご覧下さい

http://kyoto-hitomachi2.seesaa.net/


2005年12月17日

05年12月17日放送 AED

▼▼今月のテーマは「防犯・防災」です。▼▼

■AED
ゲスト:中京消防署警防課 救急係長 戸田佳勝さん

 「AED」とは自動体外式除細動器 Automated External Defibrillatorのことで、心肺停止の傷病者に対し電気ショック(除細動)が必要な場合、音声などの指示に沿って一般の人でも使える医療機器です。日本では、平成16年7月から、一般の人でもこの装置を使う事が可能になりました。

 通報して救急車が到着するのは、京都の場合 約5分 (全国は平均6分)かかります。救急隊が到着するまでの間、一刻でも早い適切な応急手当が必要なのです。特に心肺停止の場合、この5分6分のゴールデンタイムの心肺蘇生に生死がかかっています。応急手当は、そばに居合わせた人しか出来ませんから、一般の人による応急手当が必要なのです。
 生存率は1分経つ毎に7〜10%低下し、京都の救急車到着平均時間、5分では生存率が50%を切ってしまいます。例えば9分間手当されないと、死亡率が90%を超えてしまうとされています。


◇救命救急。街・建物にまつわる災害の時
担当:小田木洋子


posted by 京都府建築士会 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 防犯・防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。