2009年11月に、引っ越しました!
新しい番組情報は、↓↓コチラ↓↓のアドレスをご覧下さい

http://kyoto-hitomachi2.seesaa.net/


2008年01月12日

08年1月12日放送 京都のお雑煮は白味噌です

◇◆◇1月の月間テーマは「京都のお正月」◇◆◇

080112.jpg■白味噌のお雑煮
ゲスト:本田味噌本店 営業部長 尾崎正明さん

 本田味噌は天保年間,約180年前に創業されました。もと丹波杜氏の丹波屋茂助が麹づくりの技を見込まれ、宮中のお料理用に味噌を献上したのがはじまりです。明治維新以降も本田味噌の白味噌は江戸の宮中で使われ,京都が西の京とも呼ばれていたことから,「西の京の味噌」と呼ばれ、「西京味噌」と命名されたそうです。

 白味噌は塩分が少なく,米の麹をたくさん使うことで,あの甘みがでているそうです。
 お雑煮は,お出汁ではなく,お湯でつくり,最後に鰹節をかけていただくと,白味噌の甘みや風味が引き立つため,おすすめだそうです。


◇「見立て」とおせち
担当:上原智子

 日本の文化には『見立て』いう言葉があります。よく日本建築や,特に日本庭園でも紹介されます。「枯山水」がその例です。大きな石を島に『見立て』たり、玉砂利を波に『見立て』たりします。茶室も同様です。これらは,都会の中の、自宅の離れの一室を中国の山奥に見立てて遊ぼう、という大人の『ごっこあそび』だと言われます。

音声:


☆本日の出演:下村委津子、上原智子


posted by 京都府建築士会 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 京の暮らし・地名・歴史・言い伝え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。