2009年11月に、引っ越しました!
新しい番組情報は、↓↓コチラ↓↓のアドレスをご覧下さい

http://kyoto-hitomachi2.seesaa.net/


2007年06月23日

07年6月23日放送 葵祭の誤解を解く!?

▼▼今月のテーマは「お祭り」です▼▼
他のまちと比べると、京都は圧倒的に多くのお祭りがあります。一年中どこかでお祭りが行われているとか。


■葵祭の誤解を解く
070623.jpgゲスト:京都府 文化芸術室芸術係・土橋 誠さん

 京都には年間300を越す祭りがあります。中でも、京都の三大祭りといえば、葵祭・祇園祭・時代祭。かつては、京の都の祭りといえば、「葵祭」のことだったといわれるほどです。

 さわやかな新緑におう皐月のころ、藤の花で飾られた牛車や輿に乗った斎王代を中心にした行列が御所を出て、下鴨神社から上賀茂神社を巡幸します。
 1300年以上の歴史を誇る葵祭ですが、正式名称を賀茂祭といい、もともと山城盆地の豪族・加茂県主の氏神をまつる祭でした。
 葵祭の主役は? あの源氏物語の車争いの舞台とは?? 賀茂祭には3つの行列があるってホント???


◇建築のまつり
担当:中村 真由美

 人の一生の中で家造りは大きな出来事といえます。このため無事に家屋が完成し、住んでからも何の災いもなく、一家が幸福に過ごせるようにと、昔から様々な儀礼をおこなってきました。
 「とこしずめのまつり」地鎮祭、「棟上げのまつり」上棟祭などが代表的な儀礼です。


音声:


posted by 京都府建築士会 at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 祭り・観光・アート・カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。