2009年11月に、引っ越しました!
新しい番組情報は、↓↓コチラ↓↓のアドレスをご覧下さい

http://kyoto-hitomachi2.seesaa.net/


2006年10月07日

06年10月7日放送 ウッドマイレージCO2認証制度

■ウッドマイレージCO2認証制度と緑の交付金
ゲスト:京都府農林水産部林務課 白石秀知さん、古家達朗さん

061007.jpg ウッドマイレージCO2認証制度とは、府内で生産された木材の産地証明に加えて、輸送における環境負荷いわゆるCO2の排出量が、どのくらいあるのかを明示する仕組みを組み合わせた制度で、日本で初めて京都府が制度として作ったものです。
 日本で使われている木材の8割は輸入材です。近くの山から採れる木で家を造るとCO2の排出量が抑えられ、環境に良いと分かっていても、実際どのくらい環境負荷低減に役立つのかが分かりません。それを具体的に数字で示すことをめざし研究して作り上げたのがこの制度です。


関連リンク:京都府地球温暖化防止活動推進センター
http://www.kcfca.or.jp/wood/index.htm

 日本全体でも戦後植えた木がどんどん育ってきて、40年、50年クラスの山が多く使える状態なのに、使われるのはほとんどが輸入材です。そのせいで、山が混みすぎて荒れてきているのが現状です。平成16年の台風23号では、府内でも手入れ不足の山が大きな被害を受けました。災害に強い山を作るという意味でも、もっと地元の木材を使うことが必要になってきます。この制度を仲立ちに、山と使う府民が手を結んでいくことができればいいなと思っています。

 この制度で認証された木を使ってもらうと、一定の金銭的支援をする仕組みとして「緑の交付金」をスタートさせました。一戸につき5立米以上使用、だいたい30坪の家で使われる木材の1/3〜1/4に地元材を使ってもらえば、最大20万円まで支援します。今までは、地元の木を使いたいと言っても、どこに相談して良いのか分からなかったが、府に問い合わせてもらえれば、この制度に登録している「緑の工務店・緑の設計事務所」を明示しているので、これらの登録者に相談してもらえればと思います。今後これらの制度が広まって、山と府民との循環型システムができればと考えています。


posted by 京都府建築士会 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境・経済・交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。