2009年11月に、引っ越しました!
新しい番組情報は、↓↓コチラ↓↓のアドレスをご覧下さい

http://kyoto-hitomachi2.seesaa.net/


2009年07月27日

09年7月25日放送 今原町家、文化悠楽の間

▲▽▲今月は町家がテーマ▲▽▲

■今原町家の取組
ゲスト:今原町家〜文化悠楽の間〜 代表 湧月りろ さん
090725.jpg
 上京区葭屋町通上長者町下る菊屋町にある「今原町家」の保存につとめられている、湧月さんにお話を聞きました。

 今原町家は、昭和4年、組紐職人であった私の曾祖父・今原喜久一が建てた、典型的な表屋造りの町家です。文化悠楽の間として、文化教室や町家の体験、ギャラリー、イベントスペース等としています。

 西陣の少し南にあたるこの地域、特に町家の前の葭屋町通りは、糸屋関係が集まる通りだったそうで、曾祖父もこの地をわざわざ選んだのだと思います。

 祖父母は、ここを建てた曾祖父の思いを深く知っていたこともあり、この家は自分たちでコツコツと手入れしながら、大きな改装をほとんど行わずにこれまで住んできました。そのため、今となっては、この町家は「建築当時の姿そのままの家」として、貴重な存在なのではないかと思っています。<続く>

 ◆ 今原町家のページ http://www.eonet.ne.jp/~imahara/
  ※9月頃にリニューアルの予定です


□良い家を永く使うために

担当:上原智子

 国土交通省でも200年住宅や長期優良住宅という制度を始めたところですが、京都では京町家としてとうの昔から良いものを永く使う考え方や仕組みが定着しています。耐震性や設備などのメンテナンスがしやすいように、しっかりと作り、その建物について、いつ頃にどんな手入れをするのかという計画を立てておくようにする制度ですが、京町家もまさにそういう使い方がされてきたものです。

音声:

☆本日の担当:下村委津子、上原智子

湧月りろさんのお話の続き...


 保存と取組のきっかけは、ひとつはこの家が大好きだということ。そして、この家を大事に思ってきた人たちの思いを受け継ぎたいと思ったこと、です。

 もうひとつは、旅行雑誌の取材という仕事をしてきた中での経験です。

 全国の大事にされている建物や、住んでいる人々の故郷への愛着、それらへの深い思い入れに触れ、自分が生まれ育った京都という町を見つめ直して、自分のすべきことを実感したことが、この町家を保存しようと思ったきっかけになったのだと思います。

 私が何よりも伝えたいと思っていることは、普通の人の、普通の家に、これだけの職人技や知恵がつまっているということの素晴らしさです。そして、どんな技術的なことよりもその良さを証明してくれるのが、この家の不思議なほどの居心地の良さだと感じています。

 その空気感、家そのものから感じる優しさなどは、すべての技術や知恵の結晶が形となって表れたものだと思うのです。

 それを多くの方に知っていただくことによって、一軒でも多くの町家が、取り壊されずに受け継がれていって欲しいと願っています。

 そのために、実際に住んでいる町家をそのまま開放して、少しでもその居心地を味わっていただけるように、ここでゆっくり過ごしていただけるようなことを行っています。お教室もイベントも、すべては町家の空気感を味わっていただくために、ということが第一のテーマです。

 これからは、もっと気軽にどなたでも立ち寄っていただけるシステムを取り入れるよう、今ちょうど準備 を進めているところです。きれいに改装された施設ではありませんが、家ならではの安らぎを感じてもらえるように、これからもいろいろ取り組んでいきたいと思っています。



posted by 京都府建築士会 at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 京町家・都心居住 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。