2009年11月に、引っ越しました!
新しい番組情報は、↓↓コチラ↓↓のアドレスをご覧下さい

http://kyoto-hitomachi2.seesaa.net/


2008年06月22日

08年6月21日放送 西院ミュージックフェスティバル

◇◆◇6月の月間テーマは「祭り」です◇◆◇

080621_1.jpg■西院ミュージックフェスティバル
ゲスト: 西院ミュージックフェスティバル
     実行委員会 実行委員長   横山欽一さん
     実行委員会 ひまわり募金係 高村圭祐さん

 2008年 西院ミュージックフェスティバル 8月2日(土)、3日(日)

 西院ミュージック・フェスティバルは阪急西院駅界隈で行われている音楽のお祭りで今回が7回目です。毎年8月の第1土、日曜に行われます。
080621_2.jpg メイン会場は春日神社の能舞台で他にはレストランやバー、変わった所では銭湯や走る嵐電の車内等で行われます。音楽のジャンルは民謡、クラシック、ジャズ、ロック等さまざまです。
 ※写真左が横山さん、右が高村さん

 嵐電は西院発嵐山行きの臨時列車ですが通常運行されます。ライブ・チャージはチップ制ですが電車賃だけは掛かります。
 電車は結構揺れますが演奏者は「どこでやっても良い音楽を聞かせる」というプライドがあるようです。昨年、知らずに老夫婦が乗ってこられ、思いがけず音楽を楽しんでおられました。
また銭湯では脱衣場で行いますが、会場の黄金湯のご主人が昨年のライブの後、亡くなられ店を閉められて困っていましたが旭湯で行えるようになりました。<続く>


◇祭りのしつらい
担当:江坂幸典

 室礼(しつらい)とは季節のしつらいや、和のしつらい等、季節の変化や特別な行事の時に、書や花や調度品等を床の間や玄関などの場所に飾り、心豊かに生活を楽しむものです。単なる装飾ではなくお客様をもてなし、ふるまったりする感謝の気持ちを表しています。
  祭りのしつらいは、祭りというハレの空間を楽しむ、あるいは感謝するためにおこなわれます。祇園祭りは「屏風祭り」とも呼ばれ、町家の前面の戸や格子をとりはらい、その家の家宝の屏風等を飾って、道行く人々が通りから自由に見ることができます。

音声:

 ※本日の出演:小田木洋子、江坂幸典

080621_3.jpg横山さん、高村さんのお話の続き...


 ひまわり募金はみなさんから募金を募って西院のまちにひまわりを咲かせようというものです。
イベントのシンボルフラワーで、3年前に3000本をイベント当日に飾りましたが残念ながら、そのお金が赤字になり去年はやめました。

しかし近所の人が「今年はひまわりどうしたん?」と寂しそうに言うのを聞いて、今年は募金で集まったお金でひまわりを飾ることにしました。暑いので水やりが大変です。募金は6月末に回収して、また来年の箱を置くことにしています。今後とも、ひまわり募金にご理解・ご協力の程宜しくお願いします。
080621_4.jpg
 ボランティア・スタッフは20人位ですが当日は50人位集まります。
ライブ会場が15ヶ所でライブ数が110本なので、もっとボランティアを募集しています。地元の人はまだ積極的な応援はしてくれてはいませんが、反対はしていないようです。このイベントを10年20年と続けていって、まちに根付かせていきたいと思っています。



ラベル:Podcast 祭り 京都
posted by 京都府建築士会 at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 祭り・観光・アート・カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。