2009年11月に、引っ越しました!
新しい番組情報は、↓↓コチラ↓↓のアドレスをご覧下さい

http://kyoto-hitomachi2.seesaa.net/


2008年06月14日

08年6月14日放送 吹奏楽団

◇◆◇6月の月間テーマは「祭り」です◇◆◇

080614.jpg■音楽祭・吹奏楽団
ゲスト:吹奏楽団ハイブリッド 会長 吉岡哲郎さん

 お祭りのなかでも重要な要素になる、音楽。
 祇園祭のお囃子や、パレードの音楽、音なしではお祭りもなく、音楽の祭典なんて言葉もあります。今回は音楽に着目してみました。

 昭和42年2月、「吹奏楽団紫野会」として発足し、昭和46年4月「吹奏楽団ハイブリッド」と改称しました。ハイブリッドとは、混成・雑種という意味を表します。この名称は、いろいろな年齢や考え方・地域の人がいる中で、音楽を通じて仲間になっていく、そんなバンドを作りたい、という願いを込めて付けられました。<続く>


◇お祭りの照明
担当:冨家裕久

 お祭りには欠かせない「明かり」。昔はロウソクやタイマツ、現代は電気も使います。「ひかる」と「てらす」に分類できます。神戸・ルミナリエなどは電気が光っているものを楽しみ、ステージでは光を当てられた演者等を見ますね。光そのもを美しく感じ神秘と感じることと、闇のなか光に照らされて見えるものの美しさを神秘と感じること。光を巧みに使い、演目そのものも神秘性を高めるために進化したとも思えます。

音声:

 ☆本日の出演:下村委津子、冨家裕久
吉岡さんのお話の続き...

 発足当時は「紫野会」と、紫野高校の吹奏楽部のOBからスタートしました。今年で40周年を迎えます。自主公演が主な活動です。

 京都駅ビルでの音楽祭があります。春と秋にあります。春はゴールデンウイークでした。この音楽祭には6団体が参加しています。観客のアンコールに応えるためにも、あまり詰め込んだスケジュールは避けます。バランスが難しいところです。

 次回は日時は未定ですが、秋の音楽祭がありますので宜しくお願いします。また楽団のホームページを見ていただければ、日時は掲載します。


ラベル:京都 Podcast
posted by 京都府建築士会 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 祭り・観光・アート・カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。