2009年11月に、引っ越しました!
新しい番組情報は、↓↓コチラ↓↓のアドレスをご覧下さい

http://kyoto-hitomachi2.seesaa.net/


2003年08月02日

03年8月2日放送 伝統と新しい展開

◇◆◇8月のテーマは「地域の経済〜老舗の真実・規模の経済〜」◇◆◇

ゲスト:馬場染工業(株) 馬場孝造さん

 創業は明治3年で、136年間、ずっと柳水町(三条西洞下る)で店を構えてきました。
 黒染めは黒い物をいかに黒くするかということで、一番美しい黒というのはカラスの青みがかった黒といわれており、それには水が命です。明治36年まで、西洞院川が流れていた事と染物に非常にあった成分を含む地下水が出ることもあって、この辺りは染め物屋が非常に多く、ここで吉岡一門が染を行っていたという話があります。13回染めを重ねることによって、黒い染めができ、大変硬い生地になるので、護身用として使われていました。これを剣法染めといいます。

 私も52年間この仕事をしていますが、いまだに納得した黒色は出せていないのですが、それほど黒は奥が深いものです。絹は動物性で、蚕が繭を作ることによってできるものでありますが、蚕の健康状態やえさの桑の状態によっても出来映えがが左右されますし、化学繊維とは違って全く同じものはできません。

...続きを読む
ラベル:老舗 黒染め
posted by 京都府建築士会 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境・経済・交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。